我が家のマストアイテム

100均の毛玉取りよりテスコムの毛玉取りを買った方がいいワケ5つ

Pocket

寒くなってきて、ニットを着ようとタンスから引っ張り出すと

服が毛玉だらけで、タンスにそっともどしたくなる衝動にかられる

かおり@なんとかなる(@nantokanaru02)です。

 

衣替えする前に、すべての服を毛玉取りしてからしまえば

次のシーズンすんなり着られるのにな・・・( ;∀;)

と毎シーズン思いながら、結局やらない私・・・汗

 

そんな、ズボラなわたしが長年使っている毛玉取り器を紹介します。

テスコムの毛玉取り器 グレー KD778-Hです。

購入履歴を見ると2015年から、使用しているようです^^

3年経過していますが、まだまだ現役です。

ちなみに、下の写真の右半分だけに毛玉取り器をかけてみました。

全然違いますよね!?

この毛玉取り器を買う以前は、100均の毛玉取りを使っていました。

100均でも、とれることは取れるし、はじめは感動してました。

100均でも十分じゃないかと考えていました(‘Д’)

しかし、実家で家族が使っていた毛玉取りをつかってみたら、衝撃がはしりました( ゚Д゚)

使い心地が全然違うのです。

100均の毛玉取り器との違い

  • まず、パワーが違う。

AC電源でコンセントを指してつかうタイプなので、

電池のものよりパワーが落ちずに使えます。

 

  • 毛玉をとった後が、きれいすぎる。

100均のものだと、正直、とり切れていないものがあったりします。

トレーナなど、スウェット生地で試すとかなりわかりやすいのですが、

テスコムの毛玉取りでとった後は、肌触りがちがいます。

 

  • 毛足に合わせて、刃の距離を調節できる。

このニットは毛足が長いから、高だな~とか、

このスウェットは低にしよ~とか場面によってカチカチっと回すだけで

刃の距離を変えられて、便利です。

 

  • 毛玉を一気にとれる

100均のものと比べると、

毛玉をとれる面積が大きいので

時短で、ちまちまやるよりもストレスも少なくて済みます。

 

  • ゴミがたまる場所が半透明で、ゴミ捨てのタイミングがわかりやすい

ズボラなので、ぎりぎりまでゴミをためがちなのですが、

これは捨て時が分かりやすくて、気に入っています。

毛玉が目に見えてたまっていくので、楽しくなります(‘ω’)ノ

毛玉取り器のデメリット

毛玉取り器のデメリットは

  • タイツなど薄手のものは、巻き込みやすいので穴が開いてしまう時がある。

 

実際、わたしは、タイツに数本穴をあけてしまっています( ;∀;)

でも、もう毛玉だらけで履けないようなやつで、

毛玉が取れたらラッキーくらいの気持ちだったので、

そこまでわたしの心のダメージは大きくなかったです笑

 

タイツなど、薄手のものは、巻き込まれないように伸ばしながら、

慎重にかけた方がいいと思います。

 

でも、デメリットに比べて、メリットの方が圧倒的に大きいので

迷われている方は、買って損しないと思います。

数年前から、Amazonと楽天では1位なだけある実力だと思います♪

 

おすすめです(^^)/